妊娠初期からの葉酸サプリ選びで重要な9か条

まず妊娠初期から今まで以上に必要となるのが鉄分です!

妊娠前は1日6mgほど摂取することが必要でしたが、妊娠初期には8mg、中期後期には+15mgの21mgほど必要です。しかも鉄分ってなかなか体に吸収されにくいのでサプリからの摂取が必要ですね。

かといって鉄分サプリを別で飲むというのはお金も手間もかかるのでおすすめできません。

妊娠中にサプリから推奨されている鉄分のサプリからの摂取量は15mg以上です。

この部分はまず外せないですね。

というわけで9か条ご紹介します。

1か条、合成葉酸サプリのモノグルタミン酸型葉酸サプリである
2か条、葉酸を1日400?摂取できること
3か条、鉄分が15mg以上摂取できること
4か条、カルシウムが220mg以上摂取できること
5か条、ビタミンB12が含まれていること
6か条、ビタミンB6が含まれていること
7か条、安全性が検査されているものであること
8か条、飲みやすいサプリメントであること
9か条、価格が高すぎないこと

以上の9か条を満たしているサプリメントが非常に優れているということですね。

1か条、合成葉酸サプリのモノグルタミン酸型葉酸サプリである

これは非常に重要なんですが、葉酸サプリの中には天然100%とか結構天然の葉酸サプリを使ったものが多いです。

天然葉酸サプリはポリグルタミン酸型で吸収率が50%と・・・低いんです。

これでは400?摂取しても実質200?しかとれていないことになってしまいます。
必ずモノグルタミン酸型葉酸サプリを選びましょう。

2か条、葉酸を1日400?摂取できること

厚生労働省が推奨しているサプリメントからの葉酸摂取量は400?(合成葉酸)です。

ここは素直に従いましょう!

3か条、鉄分が15mg以上摂取できること

これは上でも書きましたが、これから鉄分は赤ちゃんの血を作るためにもかなり重要です。

不足しないようにしっかりとって元気な血液を送ってあげましょう!

また貧血や立ちくらみなどは転倒のリスクも回避してくれるので意外と重要ですね。

4か条、カルシウムが220mg以上摂取できること

カルシウムの必要量は妊娠前も妊娠後も実は変わりません。650mgです。

で、日本人の女性は1日220mgほど不足しているといわれていますので、サプリからは220mg以上摂れるのが良いみたいですね。

5か条、ビタミンB12が含まれていること

ビタミンB12は葉酸と一緒になることで効率よく赤血球(血液)を作り出してくれます。

造血作用があるということです。

6か条、ビタミンB6が含まれていること

ビタミンB6はタンパク質合成を助けてくれます。体のあらゆる部分でタンパク質(例えば女性ホルモンも)でできていますから、しっかり飲んでいきましょう!

ちなみにつわり改善にはビタミンB6は効果あるみたいですね。

7か条、安全性が検査されているものであること

これは当然なんですが、放射能チェック、残留農薬チェックなど安全性は確認されているかどうか?重要です!

8か条、飲みやすいサプリメントであること

どんなに良いサプリメントでも1日10錠飲まなければいけない・・・。かなりにおいがきつい・・・。粒がでかい・・・。だと継続できないですよね。

だからちょうどよい大きさの粒であったりそんなにおおくの錠剤を飲まなくてよいもの、無味無臭のものなどを選びましょう!

9か条、価格が高すぎないこと

あまりにも高すぎると家計に響きますし、継続が難しいです。

自分にとってこれくらいであれば継続できるかな?という高すぎない額のサプリメントを選びましょう!

妊娠初期から飲んで損しないおすすめの葉酸サプリはコレ!

妊娠初期から飲んで損しないおすすめの葉酸サプリをご紹介します!

唯一、上記の9か条をクリアしている葉酸サプリですね。

それは・・・ベルタ葉酸サプリです!

もうほんとこれで葉酸サプリは間違いないです。

ほかにも良い葉酸サプリはあるんですが、ほとんどが天然葉酸サプリを使っているんです(-_-;)

だって・・・天然って良いイメージがあるけれど合成って良くないイメージが日本人には植え付けられているから・・・・。

つまり天然って書いてあるほうが売れるんです。。。悲しいことに。

この記事を読んでくださっている方はもう大丈夫だと思いますが、合成葉酸って全く問題ないので・・・。

しかも厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸ですからね!赤ちゃんのために飲むんですよね??

本質を間違えないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です